三菱東京UFJ銀行に専用おまとめローンはない

三菱東京UFJ銀行カードローン

優れたカードローンの特徴とは何でしょうか?それは「低金利」「高い融資額」「のほかに「返済の便利さ」があります。

 

三菱東京UFJ銀行にはおまとめローンとしての専用商品がありません。一般的な銀行カードローン金利、十分な融資額、提携ATM利用手数料無料。これが三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴です。

 

おまとめローンがない三菱東京UFJ銀行で使うバンクイック

メガバンクとして知られている三菱東京UFJ銀行にもカードローンがあります。銀行カードローンを比較すると必ずといっていいほどに上位にランクインしている三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック。それにはどのような秘密があるのでしょうか?

 

銀行口座不要

一般的な銀行カードローンの特徴は「口座開設が必要である」ことにもあります。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは申し込みに銀行口座は必要ありません。ただし、返済方法を自動支払い(口座振替)にする場合には三菱東京UFJ銀行口座が必要になります。

 

50万円超の希望金額は収入証明書必要

大口融資に利用するのであれば必要になる可能性がありますが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックでは希望する借り入れ金額が50万円超から収入証明書類の提出が必要になります。

 

希望金額50万円超であれば収入証明書類として以下のいずれかを用意しましょう。

 

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

 

申込書に記入した収入と、証明書類の内容が異なると審査結果が変わることもあるため正確に申告しましょう。

 

上限金利が既に低いカードローン

銀行カードローンの一般的な上限金利は14.5%前後です。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの金利は1.8%〜14.6%となっており、他行と比べて格段に低いということはありませんが水準通りの金利となっています。

 

利用限度額に応じて金利が決まります。高くはなく低くはない、それが三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの金利です。

 

提携ATM利用手数料無料でも返済には注意が必要

利用手数料無料の返済方法

自動支払い(口座振替)を利用するためには三菱東京UFJ銀行口座が必要です。それ以外の返済方法は提携ATMのみとなっています。

 

提携ATMは三菱東京UFJ銀行ATMだけではなく、提携先を含めて全ての提携ATM利用手数料が無料です。余裕があるときにはすぐにでも追加返済をすることができるため、使い方しだいによっては完済が早まるでしょう。

 

ただし、返済方法に種類が少ないためシンプルに使うことが三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの基本です。

  • 自動支払い(三菱東京UFJ銀行口座がある場合のみ)
  • 提携ATMからの返済(三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-NET)
  • 銀行振込

 

毎月の返済額が低い

借入残高に応じて毎月の最低返済額が決定します。最低返済額であり、それ以上の返済は自由であることを覚えておかなくてはなりません。なぜなら、消費者金融、銀行カードローンを含め三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは最も低い返済額となっているからです。

 

毎月の最低返済額が低いため、その金額だけを返済していたのでは元金充当額が少なく返済が長期化します。それを避けるためには、三菱東京UFJ銀行公式ホームページにある返済シミュレーションを使いながら計画を立てていかなくてはなりません。

 

借入利率 年8.1%超の場合
借入残高 毎月の最低返済額
10万円以下 2,000円
10万円超〜20万円以下 4,000円
20万円超〜30万円以下 6,000円
30万円超〜40万円以下 8,000円
40万円超〜50万円以下 10,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加

 

借入利率 年8.1%以下の場合
借入残高 毎月の最低返済額
10万円以下 1,000円
10万円超〜20万円以下 2,000円
20万円超〜30万円以下 3,000円
30万円超〜40万円以下 4,000円
40万円超〜50万円以下 5,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加

 

返済方法が少ないこと、最低返済額が低いことを考慮して計画を立てなければ返済期間が長期化し、利息を膨らませる結果になります。

 

申し込みの流れ

インターネット申し込みでは年中無休で審査対応をしています。(平日9時から21時、土日祝日9時から17時)ただし振込キャッシングの対応がないため、借入方法は提携ATMのみです。カードの到着を待たなければ借り入れをすることができません。早くカードを受け取り利用をしたいのであれば、インターネット申し込み後、テレビ窓口での契約を行うとよいでしょう。

 

  1. 公式ホームページから「インターネット&モバイルでのお申し込み」に進む
  2. 審査開始
  3. メールか電話で審査結果の連絡
  4. テレビ窓口で必要書類の提出
  5. 契約
  6. カード発行
  7. 借り入れ開始

 

ネット申し込みから契約までを行うとカードの郵送には1週間がかかります。インターネット申し込みとテレビ窓口の併用が融資までの時間を早めます。


MENU

CLOSE


注目記事

審査について

掲載おまとめローン

漫画

サイト情報