他社借り入れ2〜3件でオススメはどこ?

借入先が増えてしまったときの不安

2〜3社をまとめるならどこ?

 

いくつかの借入先があると慌てるものです。借金に追われていると感じるかもしれません。借入先の数だけ返済日があります。

  • 2社からの借入があれば返済日は月に2度
  • 3社からの借入があれば返済日は月に3度

返済日が終わったところでまた次の借入先への返済日があります。追われていると感じるのも無理はありません。

 

そもそも借入先が増えてしまった理由は何だったのでしょうか?その原因がはっきりとしなければ同じことを繰り返しかねません。

 

満額まで借入をしてしまい、それ以上の借入をするときに新しい借入先に申し込みをします。新たに決められた融資限度額がありその範囲を自由に使うことができます。

 

お金を借りる、そこには「自由に使えるお金」としてのカードローンがあります。ところが自由を履き違えてしまえばどんどんと借入金額が膨らむことになりかねません。

 

おまとめをするという解決策

複数になってしまった借入先、だからこそ混乱してしまいます。追われている感が否めず、それによって利息や返済額、借入残高などを考える余裕がなくなります。

 

状況を改善するための方法はいくつかあります。債務整理を考えている方もいるかもしれません。

 

債務整理の危険

債務整理にはいくつか種類があり、借入先との交渉によって利息もしくは返済額自体を減額してもらうもの。もしくは自己破産のように借金のすべてを帳消しにする方法もあります。

 

ところが債務整理は安全な方法とは限りません。返済ができるのであれば返済という選択を考えましょう。債務整理を行うことで、今後の債務に支障をきたします。

 

個人信用情報機関で債務整理をしたという事実が保有、共有される情報になるために債務の審査には一定期間通らなくなります。その一定期間とは「最低5年」と覚えておきましょう。

 

借りることができなくなる、というだけではありません。携帯電話やクレジットカードも審査に通ることはないでしょう。
そこでおまとめローンを検討しましょう!

 

 

おまとめとは
複数の借入先を1社にまとめること。
1社から、複数借入先に完済できる金額を借り入れる方法です。


 

おまとめをすることのメリット

返済先が1社になります。当然のことかと思われるかもしれませんが、ここにはさまざまな効果があります。

 

  1. 精神的な負担の軽減
  2. 金利を下げることで利息の負担を軽減
  3. 返済額を調整する余裕ができる

 

毎月何度も訪れた返済日に追い立てられ、現在は返済をすることだけに終始して計画を練る余裕はないでしょう。しかし、返済先が1社になると月に一度の返済になり、「考える」という余裕が出てきます。

 

返済計画をしっかりと考えることができ、利息や返済額にも目を向けることができるでしょう。

 

おまとめローンはどこでまとめれば良い?

おまとめローンはどこでも良いというものではありません。せっかく借金と向き合うチャンスです。より返済しやすく、より余計な費用がかからないおまとめローンを選びましょう!

 

ポイントは4つあります。

 

  1. 今よりも金利を下げて利息を抑える
  2. 口座引き落とし以外にも返済方法があり積極的に返済ができる
  3. 返済に手数料がかからない
  4. 信頼できるおまとめローン

 

おまとめに向いている銀行カードローン

ローンを利用するときには3つのことを確認しなくてはなりません。

  1. 借入をする目的と金額
  2. 用意できる返済額と返済期間
  3. 返済として使いたい方法

 

たったこれだけを確認することで、何のために、そしてどのようにローンを利用していくのかを考えることができます。目的と利用状況を考えた適切なローンを選ぶことができるはずです。

 

銀行カードローンは万能ローンではありません。大きな融資になると金利が下がり、手数料無料で返済方法が豊富であること。それが銀行カードローンがおまとめに向いている理由です。


MENU

CLOSE


注目記事

審査について

掲載おまとめローン

漫画

サイト情報