学生なら消費者金融でおまとめした方が良い理由

満20歳以上の学生が対象となる

学生も利用可能。そのように表記されているカードローンは実に多いものです。もちろん高校生でも借入ができるというようなものではなく、そもそもカードローンには満20歳以上という年齢の条件があります。

 

その為、満20歳以上の安定した収入のある学生がカードローンの利用ができます。

 

学生もおまとめローンの利用ができる

銀行カードローンでは融資限度額が低く設定される可能性が高くなります。そのため学生が利用するのであれば、消費者金融が用意している専用のおまとめローンがよいでしょう。

 

現在の借入残高を1社にまとめることで、金利はさほど変わらないながら返済がしやすくなります。返済が簡潔になると利息を考えた返済額を用意する余裕が生まれ、利用日数を考えた返済をする余裕も出てくるはずです。

 

 

学生の融資限度額が低いワケ

基本的な考え方は「成人で収入があれば借入ができる」ということです。ところが学生ともなれば収入を得るためだけに時間を割くわけにはいきません。学業が本分であり、空いた時間を活用してアルバイトで収入を得ています。

 

提出しなければならないレポートがあったり、学園祭や模試など、学生ならではのイベントがありその月によって収入は安定していません。また長く同じアルバイト先に努めるのではなく、長くても卒業までの期間に限定される職場になるでしょう。

 

このような理由から、学生がカードローンを利用するときには融資限度額が高く設定されることはありません。多くのカードローンで同程度の融資限度額が設定されるものであり、15万円ほどまでが上限として用意される傾向にあります。月々の収入と返済能力を考慮すると、実は十分すぎる融資限度額です。

 

増えてきた学生キャッシング

学生も借り入れ可能となっているカードローンが増えてきました。消費者金融ではほとんどが20歳以上の安定した収入のある学生も借り入れの対象としています。

 

学生もお金の必要に迫られることは少なくありません。また今しかない時間を有効に使うために、お金を先に用意するという考え方もあるでしょう。学生がキャッシングすることは珍しいことではなくなりました。

 

当然、キャッシングをすれば返済をしなくてはなりません。その返済には金利と利用日数による利息が加算されていきます。金利と利息の仕組みを理解していなければ、最低返済額以上の返済という考えは浮かばないでしょう。
金融商品に慣れていない。だからこそ学生でありながら、複数の借入先を作ってしまい返済に困窮するという事態が発生してしまいます。

 

今更ということはありません。今後のためにも利息の計算方法について覚えておきましょう。

 

「借入残高×金利÷年間日数×利用日数」
これによって利息は計算されています。

 

式をみてもおわかりになるように、一日分の利息を利用日数分支払うこととなります。一日分の利息など微々たるものです。30万円の借り入れがあり、金利が18.0%だったとしても、一日分の利息は148円です。これを月に一度の返済であれば、30日の利用日数になるためひと月分の利息は4,440円にまで大きく膨らんでしまいます。

 

利用日数と返済額を考え直すことで現状を変えることも充分に可能です。


MENU

CLOSE


注目記事

審査について

掲載おまとめローン

漫画

サイト情報