個人事業主でも借りれる

個人事業主

ビジネスローンと分けて商品が用意されていることもある個人事業主ですが、おまとめローンを利用することはできます。
プライベート資金で利用をしたのであればまだしも、運転資金としてキャッシングを使ってしまったとなれば経営にも支障をきたしかねません。
一刻も早い解決が必要です。

 

個人事業主も気軽に利用ができるカードローン

個人事業主には専用のカードローンが用意さされていることが多いものです。
そもそも資金使途の項目に「事業性のある融資以外自由」となっています。

 

個人事業主がカードローンに申し込みをすると、それがプライベート資金になるのか、それとも事業性のある融資に使うのかという判断がつきかねます。
それが、個人事業主がカードローンの審査に通りにくい理由でもあります。

 

ところが現在のカードローンでは、個人事業主でもキャッシングできるケースが増えてきました。
専用ローンを使わずとも利用ができるということです。
「資金使途を問われないカードローン」それが現状を作ってしまったとすればどうでしょうか?

 

給与を受けている立場ではなく、給与を発生させている立場です。
その資金をカードローンで賄っていれば、その限界が来ることは間違いありません。
今すぐにでも解決をする必要があるでしょう。

 

つなぎ資金としては有効な使い方

個人事業主のキャッシングがすべてマイナスに働くわけではありません。
急にお金が必要になることはあります。
あと1週間もすれば収入があるけれども今すぐに必要なそのお金がない、そんなこともあるでしょう。

 

銀行で融資を受ける、行政機関からの融資を受ける、個人事業主として融資を受けるのであれば即日に借り入れをすることなど難しいものです。

 

そこで便利になっているのが消費者金融のキャッシングでしょう。
プロミスやアコムのように30日間無利息があれば、利息の支払いなく用立てた金額を完済することもできます。

 

一時的なつなぎ資金としては、カードローンのキャッシングは決してマイナス要素ばかりではありません。

 

返済しやすい形を作る

複数の借入先があることによって状況が混乱するものです。
それではどのようにすればよいのでしょうか?

 

1社からの借り入れしかなかった時、返済は困難だったでしょうか。
そんなことはなかったはずです。
月に一度の返済を用意することも、利息を考えた返済額を計算することも、返済の方法もまた悩むようなものではなく計画性を持って行うことができたでしょう。

 

ところが借入先が2社に増えたことから混乱が生じ始めます。
忙しい時間を割いて返済に向かうことの困難を感じ、利息を計算して返済額を用意することの面倒を感じます。
流されるように返済を続け、気がつけば返済回数は増えていながらもいつまでたっても元金の減りが少ない、そんな状況です。

 

単純なことです。
借入先を1社に戻しましょう!
それがおまとめの意味であり目的になります。

 

明確かつ簡潔にすることによって返済がしやすくなるでしょう。


MENU

CLOSE


注目記事

審査について

掲載おまとめローン

漫画

サイト情報