外国人でも永住者または特別永住者であれば借りれる

外国人でも必要書類があれば利用可能

日本国内に居住していること、それが消費者金融や銀行カードローンの利用条件になっていることは少なくありません。
外国籍の方も必要書類さえ用意できれば、カードローンの利用ができます。

 

永住者または特別永住者であることが利用の条件です。

 

そのため必要書類には、本人確認書類のほかに「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」の提出が必要となります。

 

借入がしやすい日本のカードローン

海外、特にアメリカでは日本のカードローンシステムと考え方が逆です。
信頼できる金融業者からの借り入れは金利が高く、逆に貸金業者や銀行などの免許のない融資は上限金利が16%までと設定されています。
信頼ができる業者だからこそ高金利での融資が認められているということです。

 

日本では貸金業法がしっかりと整えられ、利息制限法に基づいた融資が行われています。
しかし借りやすさはあります。
外国籍の方でも日本人と同じようにカードローンの利用ができます。
与えられた融資限度額の範囲を自由に借り入れができるということです。

 

日本という物価も習慣も違う国でお金に困窮し、カードローンの利用を始めてしまうことは珍しいことではありません。

 

文化や物価の違いからお金に苦労をする

恐らく日本人も海外で同じような体験をするでしょう。
物価が違う、文化が違うことによってお金には苦労をします。

 

例えば100円にも異なる価値があり、物価があります。
日本円100円でと同じ価値で、世界各地ではどのようなものが買えるのかみてみましょう!

 

国名 100円で買える物
イタリア カプチーノ1杯
ドバイ ペットボトルの水1本
トルコ ペットボトルの水3本
ブラジル オレンジジュース1杯
カナリア諸島 ビール1杯
フィリピン ビール2杯
スイス りんご1個
ロシア りんご1kg

 

100円の価値、買えるもの、広い世界でみてみると大きな違いがあるものです。

 

だからこそお金の感覚が変わってしまいます。
安いだろうと思ったものが高かったり、逆に高いだろうと思ったものが安かったりするでしょう。
外国籍の方が日本に来て不安、不自由に感じることは、食の違い、物価の違い、習慣の違いが挙げられています。

 

価値の違いにより外国人の方は日本でお金に困りやすい傾向があります。


MENU

CLOSE


注目記事

審査について

掲載おまとめローン

漫画

サイト情報