派遣社員でも借りれる

銀行カードローンなら収入証明書類不要での申し込みも可能

派遣社員という働き方が注目を集めたのは一昔前のことです。今では自分の持っているスキルを最大限活かす働き方として定着しました。派遣会社も大企業が増えていることから、福利厚生もしっかりと整った環境も出来上がりつつあります。

 

正社員>派遣社員という図式

正社員以上の給与を受け取ることもある派遣社員ではありますが、消費者金融や銀行カードローンの審査において正社員よりも上として見られることはありません。属性スコアリングというのをご存知でしょうか?

 

現在おまとめを考えている方は、消費者金融なり銀行カードローンなりの審査を受けてきたことでしょう。実はそのときすでに属性スコアリングの審査を受けています。

 

属性スコアリングとは申込書に記入された内容を元に、属性となる項目一つひとつに点数をつけて加算方式で評価をするものです。返済能力が高い、支出が少ない項目には評価が高く、逆の場合には評価が低くなります。

 

わかりやすいもので言えば年収があります。もちろん年収は高いに越したことはありません。年収が高ければ高い評価点数となり、年収が低ければ評価が低くなります。

 

それと同じように職業も属性スコアリングとして評価されています。評価が高い順にみてみましょう!

 

  1. 士業
  2. 公務員
  3. 大企業正社員
  4. 中小企業正社員
  5. 契約社員
  6. 派遣社員
  7. 個人事業主
  8. パートアルバイト
  9. 無職

 

意外と思われたかもしれません。全ての消費者金融や銀行カードローンが共通としているものではありません。しかし派遣社員の評価がこれほどまでに低いとは考えていたでしょうか。

 

自分のスキルを活かし、高収入につなげることができる派遣社員ではありますが、それはすべての方にとって同じ状況とはなっていません。
スキルを活かすのではなく、空き時間の活用法としても使われている現実があります。

 

もちろん職業だけが評価の対象となるのではなく、勤務先、雇用形態、居住形態、家族構成や年齢、収入など非常に多くの項目が属性スコアリングとして評価されています。総合点を判断することになりますので肩を落とす必要はありません。

 

安定した給与こそ派遣社員がおまとめローンの審査に通るコツ

銀行カードローンでも、消費者金融のおまとめローンでもおまとめをすることができます。共通する条件は20歳以上であることと、もう一つ、安定した収入です。

 

銀行カードローンでは融資限度額に応じて収入証明が必要なタイミングがあります。おまとめローンの場合には、借入金額に関わらず収入証明書類を提出しなくてはなりません。派遣社員の場合、毎月の給与が一定ではないことは少ないことではありません。

 

給与が高い月もあれば低い月もある、それは仕事の内容や量にもかかわってくるものです。収入証明書類の提出がどう判断されるのか、不安に感じる方もいるのではないでしょうか。収入の安定に不安があれば銀行カードローンを使ったおまとめを検討してみましょう。


MENU

CLOSE


注目記事

審査について

掲載おまとめローン

漫画

サイト情報