おまとめローンとは?イラストと図解でわかりやすく解説!

MENU

おまとめローンとは?

複数の借入をまとめる、それがおまとめローンです。いくつもの借入先があることで返済は困窮します。まさに今、混乱している状況にあるのではないでしょうか?
おまとめローンの最大の効果メリットとは、現在の状況を簡潔にすることにあります。

 

おまとめローンをわかりやすく図解

 

一目瞭然です。
おまとめローンとは複雑で整理し切れなかった借金を簡潔にするためのローンです。ただし、おまとめローンの性質を理解していなければ思ってもいなかった落とし穴にはまる可能性もあります。

 

返済の仕組みを理解すること、計画と比較。これらを入念に行わなければおまとめローンで失敗をすることもあります。

 

合わせて読みたい記事

返済総額が増えてしまうデメリット

 

大きく分けるとおまとめローンには「消費者金融で行うもの」と「銀行で行うもの」があります。厳密に言うと「消費者金融はおまとめローン」「銀行はおまとめ」です。
その違いをみてみましょう!

 

消費者金融のおまとめローン

大手消費者金融には専用のおまとめローンがあります。通常のキャッシングとは別の「おまとめの為のローン」です。
ただし、貸金業者からの借入金額のおまとめに限られているため、銀行カードローンなどを含めることはできません。

 

消費者金融のおまとめローンはフリーキャッシングとは大きく異なります。

 

追加融資ができない

おまとめをする専用となっており、追加で借入をすることはできません。
他社への完済金額に限ります。

 

他社へ振込完済

 

総量規制の例外

消費者金融は貸金業であり総量規制に基づいています。

 

 

総量規制とは
個人の貸金業者からの借入金額を年収の3分の1に制限するもの。
しかし、消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外となっており借入金額に制限はされていません。


 

総量規制例外の必要はある?

総量規制があり、貸金業者からの借入金額は総額でも年収の3分の1を超えることはありません。そのため「おまとめローンが年収の3分の1以上借りられる」ことにメリットがあるのかどうか疑問でしょう。
もし、現在の貸金業者からの借入金額が年収の3分の1以上となっていればそこには2つの理由が考えられ、さらに対処法も考えられます。

改正化資金行法施行前に借入をしている 過払い金の可能性があるため確認を
正規の貸金業者以外からの借入 闇金の可能性があるため確認を

 

それ以外に、正規の消費者金融からの借入で年収の3分の1以内の借入になっている場合にはどうでしょうか?フリーキャッシングと、おまとめローンの違いはどこにあるのでしょうか?
それでは実際に大手消費者金融アコムのフリーキャッシングとおまとめローンを比較してみましょう!

 

  フリーキャッシング おまとめローン
金利 4.7%〜18.0% 7.7%〜18.0%
融資限度額 500万円 300万円
遅延損害金利 20.00% 20.00%
申し込み方法 店頭窓口

店頭窓口
むじんくん(店頭窓口)

むじんくん(自動契約機)
インターネット
電話
郵送
必要書類 本人確認書類 本人確認書類
収入証明書

引き落とし口座がわかるものと
その届出印

30日無利息 ×
借入方法 店頭窓口

現在の借入先にアコムが直接振込みをする
最初の1度のみ

ATM
振込キャッシング
返済方法 店頭窓口 口座引き落とし(必須)
ATM 店頭窓口
口座引き落とし ATM
銀行振込 銀行振込
インターネット返済 インターネット返済
月々の返済額 借入金額×一定の割合 契約時に相談の上決定
一定の割合は4.2%か3.0%

10万円借入時一定の割合が4.2%なら
返済額5,000円

 

金利、融資限度額、申し込み方法、必要書類、借入方法や返済方法など非常に重要な項目がはっきりと違うだけではなく、現在の大きな負担ともなっている「月々の返済額」がおまとめローンでは明確になっていないという不安があります。
果たしておまとめローンはどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

  • 上限金利は変わらず、しかし下限の金利に違い
  • 融資限度額はおまとめローンは300万円まで
  • 申し込み方法が少ない
  • 必要書類がおまとめローンは多い

 

しかし、おまとめローンの不安要素「金利」と「返済額」があります。
ここで総量規制の例外が関係してきます。
総量規制の例外として「貸金業法施行規則第10条の23第1項 第1号の2 約定に基づく返済により借入残高を段階的に減らしていくための借換え」に基づいています。

 

段階的に減らすこと=借入残高を増やさない

 

それだけではありません。
現在の他社からの借入状況よりも好転しなくてはならないために「金利」と「返済額」を事前に提示することができません。

 

それってどういうこと?

申し込み時に現在の借入状況を確認します。
その「平均金利」よりも低く、「月々の総返済額」よりも低くなるため、他社からの借入状況がわからない段階では回答ができないということです。

 

ここまでご説明すればもうおわかりになったでしょう。消費者金融のおまとめローンには大きなメリットはありません。金利もさほど変わるわけでもなく、返済額にも大きな変化がない。下がるものの変化は少ないということです。

 

 

消費者金融のおまとめローンまとめ
  • 貸金業からの借入金額のみおまとめができる
  • 現在の平均金利と月々返済総額よりも低くなる
  • おまとめ専用ローンのため複数借入があっても申し込みしやすい
  • 返済専用で追加融資はできない

 

銀行カードローンでおまとめ

総量規制の対象ではない銀行では、おまとめのための専用ローンはありません。唯一、東京スター銀行でおまとめ専用のローンがあるものの、それ以外の銀行では一般的なローンとはなっていません。

 

それでは「銀行カードローンでおまとめ」とはどういうことでしょうか?

 

銀行カードローンの資金使途は「事業性のある融資以外自由」です。また積極的におまとめや借り換えを勧めていることも含め、通常のカードローンをおまとめに利用することになります。つまり、特別なローンが用意されているのではないということです。

 

通常のカードローンとして利用することから、消費者金融のおまとめローンとは異なるポイントがあります。

 

追加融資も自由

通常のカードローンとして利用することになるため、決められた融資限度額の範囲をどのように使うこともできます。完済することも、そのご新たに借入をすることも自由です。

 

現在の借入先に条件がない

消費者金融のように「貸金業者からの借入に限る」事はありません。消費者金融からの借入でも、銀行からの借入でも、クレジットカードでも利用ができます。

 

返済に自由がある

口座引き落としは基本の方法として活用しておきたいものですが、それ以外にも積極的に返済ができる環境があります。

 

最大のポイントはカードローンであることです。
銀行カードローンとしての利用になることが銀行カードローンでおまとめをする意味でもあります。

 

通常のカードローンと変わらないのなら何がメリット?

一番の理由は金利にあります。銀行カードローンは融資限度額に応じて金利が決められています。すでにその金利は公式ホームページ上で公開されているため「現在の借入総額」と照らし合わせると金利の目安がつけやすくなっています。

例えばオリックス銀行カードローンでは金利がどのようになっているのでしょうか?

 

コース ご利用限度額 借入利率(年)
800万円コース 700万円超800万円以下 1.7%〜4.8%
700万円コース 600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
600万円コース 500万円超600万円以下
500万円コース 400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
400万円コース 300万円超400万円以下
300万円コース 200万円超300万円以下 5.0%〜12.8%
200万円コース 150万円超200万円以下
150万円コース 100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%
100万円コース 100万円
100万円未満コース 100万円未満 12.0%〜17.8%

 

現在の他社からの借入総額が200万円を越えている場合、適用金利は6.0%〜14.8%になることがわかります。明確に金利がわかり、事前に「比較」と「計画」ができること、それが銀行カードローンでおまとめをする一番のメリットになるでしょう。

 

 

銀行カードローンにおまとめをするまとめ
  • 追加融資もできる
  • 融資限度額に応じて金利がはっきりとわかる
  • 返済に自由がある
  • 借入先の制限がない

合わせて読みたい記事

低金利の銀行でオススメのおまとめローンは?

 

番外編:おまとめローンVS債務整理

複数ある借入が負担になっているとき、選択肢は大きく二つ思い浮かぶでしょう。

 

「おまとめ」か「債務整理」の選択肢

 

返済が難しい状況になっている。
来月の返済日どころか今月の返済もままならない。
そのような状況がおまとめで好転するとは思えないのではないでしょうか。

 

債務整理は最終手段です。
このまま返済を続けていれば生活が破綻する、その状況であれば債務整理を検討するしか方法はないでしょう。
しかし債務整理といっても「借金がすべて帳消しになる」ものばかりではありません。
自己破産は借金の返済義務から逃れることはできるものの、滞納した税金の支払い義務はあります。
また大きなリスクを伴うことを覚えておかなくてはなりません。

 

債務整理の大きなリスク

最大のリスクは、信用情報機関に債務整理を行った情報が登録されることにあります。
債務整理は「債務者を救済するための手続き」でもあります。
その債務整理が事故情報になるとは考えにくいでしょう。

 

しかし逆の立場になってみるとわかるはずです。

 

債務整理とは、借りた金額つまり元金に利息をつけて返済をするという契約を反故にしたことになります。
返済の遅延、返済の放棄と同様、「契約どおりの返済を行わなかった」と考えるとどうでしょうか。

 

すなわち、債務整理を行うことは個人信用情報機関に事故情報として登録され、いわゆるブラックの扱いになります。
その期間は5年〜10年という長い期間です。
借り入れができないばかりではなく、クレジットカード、携帯電話の契約もできないでしょう。

 

おまとめローンとは、現状を整理し、返済がしやすい状況に変えるものです。
しかし、借りた金額を変えるものではありません。
30万円を3つの消費者金融から借り入れをしているのであれば、おまとめをしても総額90万円は変わりありません。
変えることができるのはこれからです。

 

金利を低くすることによって今後支払う利息を抑える

 

おまとめを行うデメリットは「借金がなくなるわけではない」ということです。
しかし「個人信用情報機関に傷をつけずに返済をスムーズに変える」大きなメリットがあります。