おまとめローンの資金使途は他の貸金業者からの借入金返済に限られる

MENU

消費者金融のおまとめローンの資金使途

消費者金融にある一本化専用のおまとめローンがあります。
実はこのおまとめローンはどのようなおまとめもできる、という万能商品ではありません。

 

消費者金融のおまとめローンの資金使途はどのようになっているのでしょうか?

 

他の貸金業者からの借入金返済に限ります。

 

資金使途はこのように決められています。
つまり、貸金業者である消費者金融、もしくはクレジットカードのキャッシング枠のみが対象となるものであり、銀行のカードローンなどそのほかのローンを消費者金融でおまとめをすることができません。

 

消費者金融でおまとめをすることの意味

消費者金融では資金使途が限られるために、消費者金融からの借り入れをまとめるために利用することとなります。

 

それではそのために必要なチェック項目はどこにあるのでしょうか?

 

消費者金融でおまとめをする場合、気をつけなければならないのはやはり金利です。
現在の金利を確認し、それ以上に低い金利で借り換えが可能なおまとめローンを探しましょう!

 

 

おまとめをする意味は、借金を簡潔にするだけではなく、金利を下げることで利息を押さえ負担を減らすことも目的です。


 

銀行カードローンでおまとめをするという選択肢

銀行カードローンは資金使途自由となっています。
もちろんおまとめにも利用ができるものであり、融資限度額が高くなるにつれ金利が下がることで利息の負担を減らすことができます。

 

当サイトにおいておまとめローンでおすすめをしているのはオリックス銀行カードローンですが、資金使途自由でおまとめにも対応しています。(※ただし、事業性資金にはご利用いただけません)
大口の融資ほどに金利はほかのカードローンやおまとめローンと比べても格段に低く設定されています。

 

おまとめをするためには、どのような希望があるのかを明確にしましょう!

まずは一本化をすることが目的であれば消費者金融の専用おまとめローンでよいでしょう。
それに加えて金利を低くしたい、利息の負担を減らしたい、返済の自由がほしいというのであれば銀行カードローンがむいています。