おまとめローン後の借り入れは出来るのか?

MENU

おまとめローンでの追加融資はできる?できない?

おまとめローンで複数の借入を1本にまとめる。これによって状況が簡潔になり返済しやすい形になったことでしょう。これまで返済にどれだけの負担があったのかを考えると、毎月の返済先が1か所になったことで「返済について考える余裕」が出てきたはずです。

 

おまとめローンを利用すると、その後、新しい借り入れはできるのでしょうか?
新たな借入先ではなく、現在おまとめをしているローンを使ってそのまま追加融資ができるのか?
一つ、大きな判断基準があります。

 

それは「消費者金融のおまとめローン」をしているのか、それとも「消費者金融のフリーキャッシングでおまとめ」をしているのか、そして、「銀行カードローンでおまとめ」をしているのか。

 

おまとめローン後も借り入れができる 消費者金融のフリーキャッシング
銀行カードローン
おまとめローン後は借り入れができない 消費者金融のおまとめローン

 

消費者金融のフリーキャッシング

「少額のキャッシングを一か所にまとめる」ために利用している方も。融資限度額の範囲を自由に借り入れしているため、おまとめに使うのは自由であり、その後のキャッシングも自由。

 

銀行カードローン

「融資限度額に応じて金利が下がるため一本にまとめる」ために利用している方も多い。事業性資金以外自由で融資限度額の範囲内であれば自由に借り入れができる。

 

消費者金融のおまとめローン

「借金をおまとめをすることを目的としたローン」であり、各借入先への返済は消費者金融が契約者名義で行い、おまとめのために使うことを管理している。
融資限度額=他社からの借入額となるため追加融資はできない。

 

おまとめローンとは別のローンを組める?組めない?

現在、利用しているおまとめローンとは別に、新規申し込みをして新しい借入先を作ることはできるのでしょうか?実はこれも、基本的にはおまとめローンでの追加融資と同じこと。

 

おまとめローン後の新規借り入れができる 消費者金融のフリーキャッシング
銀行カードローン
おまとめローン後の新規借り入れができない 消費者金融のおまとめローン

 

消費者金融と銀行カードローンのフリーキャッシング

通常のキャッシングの範囲で一本化をしただけであり、新たな借入先を作ることは問題がない。借入先が1社になったものを、また2社に増やすということ。

 

消費者金融のおまとめローン

できない、というよりはできにくい傾向がある。大きな融資を消費者金融で総量規制の例外としてまとめたことは個人信用情報機関にも記録される。通常キャッシングとしては新規申し込みの審査は厳しくなる。

 

借入をしなければならない理由は何?

現在おまとめをしている状況はそもそも「返済が困難になり一本化という道を選択」したことでしょう。新たに借り入れをすることはもちろん返済を混乱することにもなりかねません。

 

今、新たに借り入れが必要な理由は何でしょうか?

 

おまとめローンを利用したものの、返済額の用意が難しくなりキャッシングによって返済額を賄おうとしているのであれば考えなくてはなりません。利用中の消費者金融、もしくは銀行に相談をすると返済額の減額にも対応しています。

 

貸す側にとって、返済ができないよりは返済額を低くしてでも確実な返済がほしいところ。相談をしてみるに越したことはありません。

 

返済額が低くなっても借金が減額されたわけではありません。例えば10万円のキャッシングを1万円ずつ返済するのと、1,000円ずつ返済する、この違いです。

 

返済額が低くなることで期間は長くなりそれだけ多くの利息を支払うことにはなりますが、新しい借り入れを作ることと比べればどちらが安全策になるのか考えられるでしょう。