最短で即日審査のおまとめローンを選ぶならオリックス銀行

オリックス銀行カードローンでおまとめ

見た目だけではカードローンとは分かりにくい

 

契約時にオリックス銀行から郵送物は届きますが、カードローンっぽい封書で届くわけではないので見た目だけではカードローンと分かりにくいのが特徴です。

 

ネット銀行からの封書っぽいので家族にバレいくい点もオススメです!

 

オリックス銀行カードローン
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

大きな金額ほど金利が低い

融資限度額に応じて適用金利が決まります。
そのためおまとめのように大きな金額を借り入れたいときには金利が低く、利息の負担を軽減させることができます。

 

融資限度額 年利
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8%
600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 5.0%〜12.8%
150万円超200万円以下
100万円、100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%
100万円未満 12.0%〜17.8%

 

申し込み方法はインターネットから

インターネットから申し込みができ、足を運ぶ必要はありません。申し込みに際して口座は不要であり、必要な書類は本人確認書類だけです。

 

希望する借り入れ金額が300万円を超える場合には収入証明書類を用意しましょう。

 

返済に負担が少ない

返済方法は3種類があります。

  • 口座引き落とし
  • 銀行振り込み
  • 提携ATMからの返済

提携ATMは利用手数料が無料です。

 

一般的な銀行カードローンであれば返済方法が毎月一度の口座引き落としのみとなっていることも多いものですが、オリックス銀行カードローンであれば随時返済ができるため計画を立てて積極的に返済をしていくことができます。

 

オリックス銀行カードローン
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

銀行カードローンでおまとめをするメリット

銀行カードローンでおまとめローンとしての専用商品を扱うことは少なく、限られた銀行でしか対応がありません。しかし、銀行カードローンでおまとめをすることはできます。

 

銀行カードローンでは資金使途が自由(事業性資金には利用できない)となっています。それは普段使いに利用することも自由、そして複数の借りれ金額をまとめることに使うも自由ということです。通常の銀行カードローンの資金使途の範囲でおまとめをすることができます。

 

金利が低いことが最大のメリット

現在消費者金融からの借入があるでしょうか?
それでは現在適用されている金利を確認してみましょう。恐らく、18.0%程度の金利が適用されているはずです。

 

銀行カードローンはそもそも上限金利が消費者金融に比べても低く設定されているために、利息の負担を軽くすることができます。
また融資限度額に応じて金利が下がるために、おまとめのように大きな金額の融資を受けたいときには低い金利が設定されるという特徴があります。

 

銀行カードローンを使って低い金利で利息の負担を軽減させましょう。

 

通常の借り入れもできる

カードローンとしての契約になるため、返済専用ではありません。どうしてもお金が必要になったときにはカードや振込キャッシングを使って借り入れをすることもできます。

 

もちろんおまとめローンとして活用するための借り入れになるため頻繁に借入をし過ぎてしまえば本末転倒です。已むに已まれぬ時のためとして考えておきましょう。

 

銀行カードローンでおまとめをするデメリット

審査の通りづらいことはよく挙げられるデメリットです。消費者金融のように専用のおまとめローンがあるわけではありません。
通常のカードローンの申し込みをして審査を受けるために、「借り入れ件数が多い」「借り入れ金額が多い」ことは良い影響を与えるものではありません。

 

しかし対策を講じることはできます。
現在の借り入れ状況を確認し、整理することから始めましょう。
もしかしたらそこには少しでも借り入れ件数を抑えるべき隙があるかもしれません。

 

A社、B社、C社からの借入があるとしましょう。

 

A社 融資限度額30万円 借入残高10万円
B社 融資限度額20万円 借入残高20万円
C社 融資限度額20万円 借入残高20万円

 

これだけを見てみると3件の借り入れ件数がありますが、融資限度額と借入残高の関係を見てみましょう。
A社には借入可能額が20万円残っており、C社の借入残高を完済できることがわかります。
つまりこのように変えることができます。

 

A社 融資限度額30万円 借入残高30万円
B社 融資限度額20万円 借入残高20万円
C社 完済

 

これで借り入れ件数は2件に減りました。
忘れてはいけないのは、完済したままではC社は契約続行中であり借り入れ件数は3件のままであるということです。
完済をしただけでは融資限度額は残されておりいつでも借り入れができる状況にあります。
完済をしたら解約を忘れないようにしましょう。

 

現状を整理して借り入れ件数を減らす余地がないか確認しましょう。

 

オリックス銀行カードローン
⇒審査・お申し込みはコチラ


MENU

CLOSE

審査について

掲載おまとめローン

サイト情報