なぜ借金の一本化は大手に限るのか?

なぜおまとめは大手に限るのか?

おまとめをするのであれば銀行であれ、消費者金融であれ大手に限るというのは基本的なこととして覚えておかなくてはなりません。

 

中小消費者金融がおまとめの扱いをしていないわけではありません。しかし、中小消費者金融ではなく、大手消費者金融、大手銀行でのおまとめを選ぶことにはもちろん理由があります。

 

資金力の不足

中小消費者金融で一番の問題となるのは資金力です。やはり全国展開をしている大手消費者金融、もしくは銀行では資金力が莫大であることは明白です。

 

中小消費者金融では資金力が不足するためにこのような傾向があります。
一人当たりの融資額が少ない

 

おまとめローンがないわけではありません。用意している中小消費者金融もあります。しかし大手消費者金融とは違っておまとめに力を入れていないというのが現状です。簡潔にいえば、大きな融資に責任を持つことは中小消費者金融には容易なことではないからです。

 

おまとめローンとして新たに用意された専用商品ではなく、これまでの利用実績に応じた増額という形での大口融資は対応があります。

 

よい属性は大手に向かう

申込書に記入する一つ一つの項目、それが属性です。それらの属性に対して評価点数があり、審査のひとつとなっています。(属性スコアリング)

 

大手消費者金融や大手の銀行では、これらの属性が高評価となる方の申し込みが多く占めています。
逆に中小消費者金融では、大手消費者金融の審査には否決となった方、消費者金融について十分な比較を行っていない方などが利用する傾向にあるため、属性評価が低い方が利用する割合が多くなります。

 

属性評価が低い、それは返済能力にも大きく影響をすることです。これもまた、中小消費者金融が一人に対しての融資額を抑えている理由になっているでしょう。

 

負債額が増えないおまとめ

消費者金融には総量規制があります。個人が貸金業から借り入れができる上限は年収の3分の1までです。この法律があるために、現状以上の金額になることは考えにくい、それがおまとめを「する側」のメリットでもあります。

 

おまとめローンでは、現在の債務をまとめるため、自社の融資額を増やすだけではなく、逆に他社の貸付高を減らすという役割もあります。なおかつ、現状以上に契約者の債務が増える可能性は低く、消費者金融や銀行などにとってはメリットの多い融資商品になっています。

 

 

大手消費者金融ではこぞっておまとめローンが紹介されています。
貸す側にとってメリットの高い商品であるということがお分かりになったのではないでしょうか。



MENU

CLOSE

審査について

掲載おまとめローン

サイト情報