モビットをおまとめとして利用する為には

MENU

モビットに借り換える

いくつもの借入先があることで返済が困難になることはあります。
1社であれば問題なかった返済も、2社、3社になると返済日や返済額にばらつきがあり突然に混乱した状況に陥るものです。

 

おまとめをすることの最大の目的は、返済先を1社にすることにあります。
これは返済先を1か所にすることで債務状況を明確にすることが理由です。

 

モビット
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

最近人気が急激に高まっているモビットは、WEB完結がその理由ともなっています。

 

WEB完結とは3つの大きな特徴があるカードローンです。

  • カードなし
  • 電話連絡なし
  • 郵送物なし

 

これを聞いただけでも、現在利用している消費者金融とは違うことがおわかりになるでしょう。

 

三井住友銀行グループという大きな安心の中にあるモビットですが、WEB完結を利用するためには条件があります。
確認していきましょう!

 

  • 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に利用者本人名義の普通預金口座がある
  • 社会保険証か組合保険証をもっている
  • 本人確認書類として「運転免許証かパスポート」の写しを提出できる
  • 現在の収入を証明する書類として「源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書直近2か月分のいずれか」の写しを提出できること
  • 勤め先確認書類として「健康保険証と給与明細書直近1か月分」の写しを提出できる

 

これらの条件が整えばWEB完結を利用することができます。

 

借入方法 振込キャッシング
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
返済方法 口座振替・銀行振込

 

通常通りカード申込を選択することもできますが、モビットを利用するのであればカードレスのキャッシングが便利になるでしょう。

 

勤務先への電話連絡なし、自宅への郵送物もない、だれにも心配を掛けない利用ができます。

 

モビット
⇒審査・お申し込みはコチラ

 

消費者金融のおまとめローン

消費者金融は総量規制の対象となっています。
貸金業法では多重債務を防止するために、個人が消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠から借入ができる金額の上限を「年収の3分の1まで」として決めています。

 

総量規制とは | 貸金業法について
http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html

 

そもそも消費者金融からの借り入れ金額が年収の3分の1に決められているのであれば、借入金額の総額もその範囲に抑えられるはずです。
もしそれ以上の借り入れ金額があるのだとすれば、理由が3つ考えられます。

 

総量規制施行前の借入があるのではありませんか?

 

その場合には現在の利息制限法以上の金利が適用されている可能性があります。
おまとめローンを検討するよりも先に、過払い金返還請求を行い適正な金利への引き直しで過払いの利息を返還請求しましょう。

 

現在の消費者金融で借り入れをしているのであれば、総量規制の範囲内に収まっているはずです。
それであれば通常のフリーキャッシングでまとめることもできると考えられるでしょう。

 

ところが、総量規制はその範囲に抵触することのないように慎重に融資限度額を決定するためにもあります。
そのため、借入金額が多く総量規制の上限に近い金額ともなれば審査に通りづらいという傾向があります。
おまとめローンは、複数の借入先からの借り入れ金額をまとめることを目的とした専用商品であり、審査が柔軟に行われる特徴があります。

 

 

注意点

おまとめローンは複数の借金をまとめて返済することを目的とした専用商品になります。
そのため新しい借り入れをすることはできず、返済していくだけのローンになるため今後の計画を慎重に考える必要があります。


 

 

おまとめローンを使わないおまとめ

複数の借入先の合計額もそれほど大きくない、それでらばおまとめローンを使わないという選択肢もあります。
現在よりも便利で充実した消費者金融に借り換えるという方法です。

 

少額ずつ複数から借り入れをしているという状況であれば、消費者金融のフリーキャッシングも充分便利に活用することができます。
目安として「借り入れ総額30万円」を参考にしましょう。

 

消費者金融はサービス競争が激しい業界でもあります。
その消費者金融によって特徴的なサービスが異なることで差別化が図られています。
今、利用している消費者金融はどうでしょうか。
それぞれに返済をすることが困難ではない金額でも、あちらこちらへ返済しなければならないという手間が困窮していると錯覚させることもあります。

 

少額なら消費者金融のフリーキャッシングも借り換えに便利です。

 

モビット
⇒審査・お申し込みはコチラ