総額が100万円以上なら消費者金融でも金利が低くなる

総額が100万円以上なら消費者金融でも金利が低くなる

現在適用されている金利はいくらでしょうか?消費者金融からの借り入れであればおそらく18.0%が適用されていることでしょう。消費者金融の金利は高い、よく聞く言葉ではありますが、場合によっては消費者金融の金利も低くなることがあります。

 

利息制限法を知る

貸金業法には利息制限法があります。消費者金融などの貸金業者が設定してもよい上限の金利を決めた法律です。それは、元金に応じて3段階に分かれています。

 

元金 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 上限金利15.0%

 

消費者金融は遅延損害金利を除いて、金利は利息制限法どおりに設定しなくてはなりません。それを下回る分には問題がありません。しかし上回るようなことがあれば、行政処分の対象、そして債権者は法廷外金利による利息の支払は必要ありません。

 

利息制限法を知ることは、適正な金利を知ることにつながります。

 

100万円以上なら消費者金融のおまとめローンも金利が下がる

利息制限法に照らし合わせてみると、借り入れ総額が100万円以上の場合に上限金利が15.0%以下になります。

 

現在の借り入れ総額はいくらになっているでしょうか?
総額が100万円以上になれば現在よりも低い金利が適用される可能性があるでしょう。

 

消費者金融のおまとめローンは、貸金業法に基づくローン商品となっています。現在の平均以下の金利を設定することが決められているため、事前に金利を知ることができません。幅のある金利の中から、現在の他社からの借り入れ状況に応じて法律に基づいた金利が決められることとなります。

 

 

銀行カードローンなら金利がわかる

融資限度額に応じて適用金利が決まる、それが銀行カードローンの特徴でもあります。
現在の借り入れ状況を整理し、希望する融資額を決めましょう。

 

銀行公式ホームページを見てみると、融資限度額に応じた金利が一覧となって公開されています。
適用される金利を比較してお得な返済を見つけ出しましょう!

 


MENU

CLOSE

審査について

掲載おまとめローン

サイト情報